現代芸術研究所 homeお問い合わせ  
 
 
最近の仕事
『太陽の塔』 再生プロジェクト
226
クライアント
大阪府日本万国博覧会記念公園事務所
担当業務
総合プロデュース・キュレーション/展示設計・監理
所在地
万博記念公園/大阪府吹田市
開館
2018.3
 
 
 

2018年3月、廃墟同然だった塔内に火が灯り、太陽の塔が半世紀ぶりに眼を覚ました。生命の樹という内臓≠取り戻し、太陽の塔にふたたびいのちを吹き込む。それがミッションだった。

根源から立ちのぼり未来へと向かう生命力のダイナミズム、そして生命の尊厳。
生命の樹は岡本太郎の生命観を体現するものであり、みずみずしく躍動する生命のエネルギー≠表現したものだ。復元すべきはこの「計画思想」を置いてほかにない。単純な「再現」でも「再創造」でもなく、「再生」を目指そう。そう考えた。

太陽の塔は遺物でもなければ、記念碑でもない。現代社会に独自の人間観を問いかけ、いまを生きるぼくたちにメッセージを投げかけるライブな存在だ。太陽の塔がほんとうの仕事をするのはこれからなのだ。

226
一覧へ戻る
 
Copyright (C) Institute of Esthetic Research. All Rights Reserved.