現代芸術研究所 homeお問い合わせ  
 
 
最近の仕事
岡本太郎記念館 耐震改修
慶応義塾大学
クライアント
岡本太郎記念現代芸術振興財団
担当業務
設計監理
所在地
岡本太郎記念館/東京・青山
施工期間
2014.01〜03
 
岡本太郎記念館 耐震改修 概要
旧岡本邸を手つかずのまま公開している岡本太郎記念館は、60年前の1954年に建築された。
設計を依頼したのはコルビュジェの門下生でパリ時代の盟友だった坂倉準三。
担当所員は同じくコルビュジェの下で学んだ村田豊だった。
ブロック構造のうえにベニヤ下地の屋根を乗せるという徹底したローコスト建築だが、
その出来栄えはみごとで、日本の近代建築史に刻まれるべき傑作だ。
このままの姿を後世に残したい。
そこで、東日本大震災を契機に行った耐震診断をもとに検討を重ね、外観を損なわない工夫を凝らしたうえで耐震補強を行った。あわせて、傷みが進んだ部分に大幅な改修を施した。
 
一覧へ戻る
 
Copyright (C) Institute of Esthetic Research. All Rights Reserved.